手彫りのメリット

印鑑登録をせず使用する認印と違い、預金や個人情報にも関わる重要情報の管理をも行うことができる実印は使用頻度こそ少なくともこだわりを持ち、手彫りを選択する人が多くいます。その理由の一つが安全性です。機械彫りのはんこは比較的安価で取扱い店舗数も多いため、手軽に入手し使用できることが強みですが、重要書類に使用するはんことして使用する場合戸惑う人も少なくありません。

その点手彫りのはんこは手彫りならではの味として表れるくせまで全て同じように作り上げるのは簡単なことではありません。つまり、全く同じように量産することが難しいのです。これならお金や個人情報に関わる重要書類に押印する安全性も確保することが可能です。

また、手彫りのはんこは機械彫りのものに比べて壊れにくいのも特徴の一つです。はんこが壊れる、という状況に出くわした経験はそう多くないと思いますが、ここで言う壊れるとは、印面が欠けてしまうことを指します。機械彫りの場合、細い線を浮き上がらせる場合も垂直に刃を入れて削り出しますが、手彫りの場合は少し傾斜を付けて彫り出すことが可能です。そのため、付け根の部分を少し厚く残すことができ、結果一部分が欠けてしまうということを防ぐことができます。

このように手彫りのはんこのメリットを紹介してきましたが、機械彫りのはんことは違ってどこで購入すればいいのか迷うと思います。専門の印鑑ショップなどでも扱っているでしょうが、なかなか営業時間にショップまで足を運べない人もいるでしょう。
こうした忙しい人の為に、最近では手彫り仕上げの印鑑を購入できる通販サイトなども出てきています。(参考:印鑑専門通販サイト「いいはんこやどっとこむ®」

注文確定前に、印鑑の印影を確認できますし保障期間も充分な長さがついてくるので安心です。扱っている種類も様々ですので、参考にしてみると良いでしょう。

 

はんこの種類

一言ではんこと言ってもその種類はさまざまで、使えるシーンや用途も異なります。耳に馴染みのある呼び分けとして、実印、認印、シャチハタなどがあります。

実印とは、数あるはんこの中で最も重要な力をもつはんこのことを指します。実印も認印もシャチハタも、製造の段階で作り分けをされているわけではなく、使用するにあたって必要な登録や手続きを済ませているか否かで分けられます。実印の場合、自身が住民登録を行っている役所や役場で印鑑登録をすることで、法的な扱いができるはんことして認められます。実印はローンを組んだり、婚姻届などの重要書類に使用する物で、これにより権利や財産を守ったり主張することができます。

認印は実印と比較して、より日常の中で使用するはんこです。実印との大きな違いは、印鑑登録をしているか否かです。印鑑登録をしていない認印は法的な重要書類に本人確認として押印してもその効力が認められないこともありますが、日常生活の中での意思確認として扱う場合は十分使用可能です。宅配物の受け取りや、社内回覧の捺印など、受け取った、内容を確認したという印として押印します。実印よりも使う機会の多い認印はその使用するシーンも定まっていないことからどこでも手軽に使えるとして朱肉いらずで使用できるシャチハタを用いるケースも多くあります。