はんこの必要性

大人になると仕事をする上でだけではなく、日常の中でもはんこをよく使うようになります。仕事上の確認物に捺印するだけではなく、宅配物の受け取り時のサインの代わりや預金口座の開設などの手続きなど、あらゆるシーンで使用します。今では、朱肉がなくても押印できるものやシール型、ペンと一体になっており押印もスムーズになり紛失もしにくいものなど、一言ではんこと言ってもその形や種類はさまざまで、取り扱う店舗も文具店やはんこ店だけではなく、雑貨屋や100円ショップなどでも手軽に購入することができるようになりました

手軽に購入することができ、サインするより手間が省けるとますます利便性が高まるはんこですが、現代でも多くの人が実印として持つ場合は手彫りのはんこを検討しています。実際、手彫りのはんこを持つ人の多くは実印は一生物だからこだわりたいという人が多く、自分で購入するほか、親や知り合いから贈られたというケースも少なくありません。

また、はんこは唯一無二の認証の証として使われます。特に実印使用しか認められない重要書類や通帳の登録に使用するはんこは、機械彫りされているものに比べ手彫りされているはんこの方がより安心感が増します。手彫りのはんこにはその一本にしか表れないくせが見えるため、全く同じものを作ることが難しいためです。このことから、重要度の高い実印は手彫りにこだわりたいという人の数は減少することなく今でも多くの人が日常使うものと使い分けて所持しています。