はんこの種類

一言ではんこと言ってもその種類はさまざまで、使えるシーンや用途も異なります。耳に馴染みのある呼び分けとして、実印、認印、シャチハタなどがあります。

実印とは、数あるはんこの中で最も重要な力をもつはんこのことを指します。実印も認印もシャチハタも、製造の段階で作り分けをされているわけではなく、使用するにあたって必要な登録や手続きを済ませているか否かで分けられます。実印の場合、自身が住民登録を行っている役所や役場で印鑑登録をすることで、法的な扱いができるはんことして認められます。実印はローンを組んだり、婚姻届などの重要書類に使用する物で、これにより権利や財産を守ったり主張することができます。

認印は実印と比較して、より日常の中で使用するはんこです。実印との大きな違いは、印鑑登録をしているか否かです。印鑑登録をしていない認印は法的な重要書類に本人確認として押印してもその効力が認められないこともありますが、日常生活の中での意思確認として扱う場合は十分使用可能です。宅配物の受け取りや、社内回覧の捺印など、受け取った、内容を確認したという印として押印します。実印よりも使う機会の多い認印はその使用するシーンも定まっていないことからどこでも手軽に使えるとして朱肉いらずで使用できるシャチハタを用いるケースも多くあります。